歴代移籍金ランキングベスト5!!

1位:クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)
推定移籍金:9400万ユーロ(約138億円)
2009年夏 マンチェスター・U→レアル・マドリード

MARRAKECH, MOROCCO - DECEMBER 20: Cristiano Ronaldo of Real Madrid stands over a free-kick during the FIFA Club World Cup Final match between Real Madrid CF and San Lorenzo at Marrakech Stadium on December 20, 2014 in Marrakech, Morocco. (Photo by Chris Brunskill Ltd/Getty Images)

史上最高額の(約138億円)の移籍金を一括でマンチェスター・ユナイテッドに支払い、7月1日にロナウドを獲得した。

ロナウドのユニフォームは飛ぶようにばか売れし、地元マドリード市内だけで120万枚を売り上げ、高額な移籍金を地元のユニフォーム売り上げのみで回収した。

 


 

1位:ギャレス・ベイル(ウェールズ)
推定移籍金:9400万ユーロ(約138億円)
2013年夏 トッテナム→レアル・マドリード

02

注目の移籍金は、現時点で不明。同クラブが過去にFWクリスティアーノ・ロナウドを獲得するために投じた額を上回る1億100万ユーロになるとイギリスメディアなどで報じられていたが、スペインの情報源によると、マドリーが9100万ユーロだと主張しているとした。

 


 

3位:ルイス・スアレス(ウルグアイ) 
推定移籍金:8100万ユーロ(約112億円)
2014年夏 リヴァプール→バルセロナ

03

L・スアレスの移籍について、バルセロナはリヴァプールに8100万ユーロ(約112億円)を支払ったと報じられており、これは上記の3選手に次ぐ獲得費となり、リーガの2強だが、移籍市場でもその強大さを誇示している格好だ。

 


 

4位:ハメス・ロドリゲス(コロンビア)
推定移籍金:8000万ユーロ(約110億円)
2014年夏 モナコ→レアル・マドリード

04

8000万ユーロと報じられる移籍金でマドリー入りが決定したJ・ロドリゲスは、6年契約にサイン。FIFAブラジルワールドカップでもコロンビア代表として大活躍をした彼に10番のユニフォームが与えられた。

 


 

5位:アンヘル・ディ・マリア(アルゼンチン)
推定移籍金:7495万ユーロ(約103億円)
2014年夏 レアル・マドリード→マンチェスター・U

05

2014年夏にレアル・マドリードから8月26日にマンチェスター・ユナイテッドFCにプレミアリーグ史上最高額の5970万ポンドで移籍した。かつて、デイビット・ベッカムやクリスティアーノ・ロナウドなどがつけた伝統の背番号である7を背負うこととなった。

個人的BIG移籍事情 2015年夏

アンヘル・ディ・マリア
マンチェスター・ユナイテッド(プレミア)⇒PSG(フランス)

001

PSGと2019年まで契約。背番号「11」を背負う。イギリス『BBC』によれば、移籍金は4430万ポンド(約85億円)とみられている。2014年レアル・マドリーからマンチェスター・ユナイテッドにプレミアリーグ史上最高額で加入したディ・マリアだったが、33試合出場4ゴールと思うような活躍をできなかった。新天地パリで輝きを取り戻すことはできるのか見所である。

 


 

エディン・ジェコ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
マンチェスターシティー(プレミア)⇒ローマ(セリエA)

002

マンチェスター・シティから加入するゼコは移籍金1500万ユーロ+ボーナス300万ユーロの計1800万ユーロ(約25億円)とみられている。2011年1月にマンチェスター・Cへ移籍した同選手は、加入翌年度の2011-12シーズンからプレミアリーグで3年連続2桁得点をマークするなど、これまで公式戦187試合に出場し、72得点を挙げている。新天地ローマでの活躍はどうなるのかとても楽しみである。

 


 

チーロ・インモービレ
ドルトムント(ブンデス)⇒セビージャ(リーガ)

003

セビージャがインモービレをレンタルで獲得した。ドルトムントでは結果を出せずにシーズンを終えたインモービレには移籍の噂が絶えず、本人も移籍に前向だった。ドルトムントの監督が変わったことで残留する可能性もあったが、結局は噂通り移籍することになった。チームの戦術にフィットしなかっただけで他チームに移籍すれば活躍できる可能性は高くセビージャならCLにも出場できるため、インモービレにとって良い移籍になるのでないかと期待。

 


 

ロビーニョ
サントス(ブラジル)→広州恒大淘宝足球倶楽部(中国)

004

中国スーパーリーグの広州恒大淘宝足球倶楽部は、サントスを退団したブラジル代表のFWロビーニョ(31)をフリーで獲得したことを発表した。契約期間は6ヶ月間で、背番号は「60」に決定。また、クラブ側は同選手の契約満了時に優先的に交渉できる権利を取り付けた。

 


 

セルヒオ・ロメロ
サンプドリア(セリエA)⇒マンチェスターユナイテッド(プレミア)

005

プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドが、アルゼンチン代表のGKセルヒオ・ロメロ(28)と3年契約で合意。同選手はAZ時代に指導された現ユナイッド指揮官のルイ・ファン・ハール監督から関心を示されており、その去就が注目されている。

 


 

アルトゥーロ・ビダル
ユベントス(セリエA)→バイエルン(ブンデス)

006

バイエルン・ミュンヘンは28日、ユヴェントスからチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(28)を獲得したことを発表した。背番号が「23」に決まった。契約は2019年までとなっている。昨年CL決勝での敗戦によってユベントスではCLを勝ち取れないと感じたビダルはバイエルン移籍を決めた。新天地でビッグイヤーを掲げるべく、これまで以上の高い貢献意欲を見せてくれるのか期待だ。

 


 

バスティアン・シュヴァインシュタイガー
バイエルン・ミュンヘン(ブンデス)→マンチェスターユナイテッド(プレミア)

007

ドイツ代表主将のBミュンヘンMFバスティアン・シュバインシュタイガー(30)がマンチェスターUへ移籍すると、Bミュンヘンの公式サイトで発表した。バイエルンで17年間を過ごし、15もの国内タイトルを獲得し、歴史的な3冠も達成できた。新しいクラブで経験を積みたかったと新しいクラブでの活躍に期待だ。

 


 

アンドレア・ピルロ
ユベントス(セリエA)→ニューヨークシティ(アメリカ)

008

ユベントスは、イタリア代表のMFアンドレア・ピルロ(36)が、米MLS(メジャーリーグサッカー)のニューヨーク・シティFCへ移籍が決定したと発表した。 2006年のドイツW杯イタリア代表で世界王者になったピルロは、2011年夏にユベントスへ移籍すると、現在までスクデット4連覇を達成したチームの中心選手として中盤を支配してきた。また、ミラン時代にはチャンピオンズリーグを2度制覇し、イタリアのクラブで通算694試合に出場したサッカー界のレジェンドとして多大な功績を残した。ユベントスはクラブの公式HPで「アンドレアは入団当初から現在に至るまで、ビアンコネーリをイタリアとヨーロッパのトップクラブに回帰させるサイクルの象徴的な存在だった。彼と素晴らしい4年間を過ごせたことは、我々の特権であり名誉である。今まで本当にありがとう、マエストロ」と、ピルロに感謝の気持ちを表明している。

 


 

シャビエル・エルナンデス
バルセロナ(リーガ)⇒アル・サッド(カタール)

009

FCバルセロナのシャビ・エルナンデスが2会見を行い、今季終了後に17年間所属したクラブを退団し、カタール・スターズリーグ(1部)のアル・サードに移籍することを発表した。「僕を信頼してくれたクラブに感謝を述べたい。この数週間の間に、2018年までの契約延長オファーを受け取った。だけど、僕はすでに決断を下していた。サポーターの応援に感謝している。誰も失望させていないと願っているよ。僕の目標は、再びこの家に帰ってくることだ」とバルセロナへの感謝を述べた。

世界の監督年俸ベスト10(2014年秋)

選手の能力を最大源に引き出し、またチームを育てて、勝利の女神に微笑んでもらうためには、優秀な監督も必要だ。

さて、サッカーの監督の年収とは、いったいどのくらいなのだろうか。
近年では監督の年俸ランキングも公表され、

1位はチェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督で1800万ユーロ(約23億6000万円)。
2位はレアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督で1550万ポンド(約20億円)。
3位はバイエルンのジョゼップ・グアルディオラ監督の1520万ユーロ(約19億9000万円)

と続いている。

↓以下ランキング

1.ジョゼ・モウリーニョ(チェルシー)
1800万ユーロ(約23億6000万円)

jose

2.カルロ・アンチェロッティ(レアル・マドリー)
1550万ユーロ(約20億円)

anche

3.ジョゼップ・グアルディオラ(バイエルン)
1520万ユーロ(約19億9000万円)

guaru

4.アーセン・ベンゲル(アーセナル)
1130万ユーロ(約14億8000万円)

5.ルイス・ファン・ハール(マンチェスター・ユナイテッド)
1000万ユーロ(約13億1000万円)

6.ファビオ・カペッロ(ロシア代表)
900万ユーロ(約11億7800万円)

7.アンドレ・ビラス・ボアス(ゼニト)
850万ユーロ(約11億1300万円)

8.スベン・ゴラン・エリクソン(上海上港)
800万ユーロ(約10億4800万円)

9.ユルゲン・クロップ(ドルトムント)
720万ユーロ(約9億4300万円)

10.ローラン・ブラン(パリSG)、デイビッド・モイーズ(レアル・ソシエダ)
700万ユーロ(約9億1700万円)

Jリーグ監督年俸ベスト10

Jリーグプロサッカーの監督の場合は年俸計算でおよそ平均5000万円になる。18人のJリーグ監督のうち、5000万円以上の年俸は8名、10名はそれ以下の年俸だ。ビッグクラブの監督を基準に考えるのは、あまりにも酷だが気になったので調べてみた。Jリーグの外国人監督はまだいいとして、日本人監督はもう少し高くてもいいのでは?海外の監督に比べるとなんとも残念にもほどがあるがそれも文化の違いなのだろうか。

1.ネルシーニョ(ヴィッセル神戸)
1億5000万円

neru

2.トニーニョ・セレーゾ (鹿島アントラーズ)
1億円

tony

3.西野 朗 (名古屋グランパス)
8000万円

nishino

3.長谷川 健太(ガンバ大阪)
8000万円

5マッシモ フィッカデンティ(.FC東京)
7000万円

6.森保 一(サンフレッチェ広島)
5000万円

6.ペトロビッチ(浦和レッズ)
5000万円

6.風間 八宏(川崎フロンターレ)
5000万円

9.エリク モンバエルツ(横浜F・マリノス)
4000万円

10.樋口 靖洋(ヴァンフォーレ甲府)
3600万円

10.柳下 正明(アルビレックス新潟)
3600万円

個人的サッカーイケメンベストイレブン

個人的なサッカー選手イケメンベストイレブンを組んでみました。
システムは4-3-3
私の選んだイケメンベストイレブンをどうぞ!

GK ジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス)

jun

37歳となったブッフォン。年を重ねるごとに男としての魅力を増していっている印象のある鉄腕GK。今でもイタリア代表チームとユヴェントスで正GKを務めており、パフォーマンスも陰りを見せない。年をとるごとに魅力が増している彼にほ女性ファンだけでなく男性ファンも多いようだ。

 


 

右SB ファビオ・コエントラン(モナコ)

fabio

ポルトガル代表のコエントラン。日本ではあまり知られてはいないが誰が見ても文句なしのイケメンだ。また、4歳の娘がかわいいと海外では話題になっている。今後日本でも知られていけば爆発的な人気が出るに違いない。

 


 

CB マッツ・フンメルス(ドルトムント)

mazz

2014年FIFAワールドカップ、ドイツ代表の中で1番のイケメンとも言われていたフンメルスは香川真二所属のドルトムントの選手。髪を短くするようになったが、髪が長かった頃はあのオーランド・ブルームに似ている時期もあったと話題だ。イケメンのだからチャラいのかなと思われがちだが、18歳の時から交際している彼女をとても一途に思い続けているようだ。公私ともにイケメンなフンメルスの今後の人気に期待だ。

 


 

CB マルティン・デミチェリス(マンチェスターシティ)

Demechilis

アルゼンチン代表でマンチェスターシティ所属のデミチェリスは今年34歳。彼の落ち着いた雰囲気は見た目だけでなくサッカーでもそうである。そこまで日本では有名にはなっていないのが残念だがイケメンなのは間違いない。


 

左SB セルヒオ・ラモス(レアルマドリード)

スペイン代表でレアルマドリードのキャプテンを務めるラモス。凄いところは、19歳でレアルに移籍し、ユティリティ・得点力・守備力・情熱キャプテンシーがありそしてイケメンなところだ。また、昨年子供も生まれ公私共に絶好調なラモスはサッカー選手としての技術に加え、その丹精な顔立ちは世界中の女性サッカーファンを虜にしている。


 

右SMF クラウディオ・マルキジオ(ユヴェントス)

curaudio

彼はイケメンなのは確かだがおしゃれなことでも有名だ。ユニフォームと同じくらい、いやそれ以上にスーツが似合う印象である。おしゃれなイタリア人らしい着こなしのうまさを持ち、代表のスーツから私服まで見事なセンスを披露し、ファッション誌「VOGUE(ボーグ)」の表紙も飾ったことがある。サッカーも上手く、顔もイケメンでそしておしゃれ、非の打ちどころが無い。

 


 

MF シャビ・アロンソ(バイエルン・ミュンヘン)

syabi

「ピッチ上の指揮官」と評されたこともある彼はヒゲがあるのとないのとで見た目の年齢が5歳くらい個人的には違って見える。ハリウッドスター顔負けの甘いマスクはサッカーのプレーでもその他でも世界中のファンが虜になっている。


 

左SMF ダビド・シルバ(マンチェスターシティ)

dabido

スペイン代表の彼は母親が日系人ともいうなんとも日本人にも馴染みの深い選手だ。ブレーク当時は、顔がアジア人のようでエキゾチックだとしてスペイン人女性から高い人気を誇った。かわいらしい雰囲気は29歳になった現在も健在であり有名サッカー選手なのに素朴で自然体なところも魅力的だ。口の周りにあるホクロもどこかキュートで日本でも熱狂的なファンが多く存在する。

 


 

右WG マルコ・ロイス(ドルトムント)

maruco

香川真二の同僚でも有名である彼だが、そのルックスはもう完璧の一言。白人の爽やかさむき出しのドイツ代表のイケメン。まだあどけなさが残る笑顔に、キュン死する女子が急上昇だ。ドルトムントが日本に来日した際にはロイスをガードするため、ついには警官も出動するほど日本での人気も高い。


 

センターFW オリヴィエ・ジルー(アーセナル)

イケメンで身長も高く、まるでモデルのようなマスクに屈強な肉体を誇る。イケメンな彼だが記者やサポーターにも気を配れて性格もいいという話です。またヘアスタイルを真似するファンも急増しているようだ。母国フランスでも、彼は人好きで気さくな人物であるという評判のようだ。

 


 

左WG クリスティアーノ・ロナウド

ronaud

もはや説明不要のスーパースター。「世界最強」ということであれば、やはり彼を入れないという手はないだろう。若い頃はオシャレな髪形にも挑戦していたが、近年では短髪が定番に。今、世界で最も「セクシー」という言葉が似合うフットボーラーだろう。全世界中にファンが多くまさに非の打ちどころが無い。

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • 当サイトのご紹介

    世界で活躍するファンタジスタたちを独自の切り口で紹介しています。ランキング形式で発表していますが、私目線でのランキングもありますので、意義のある方はご容赦ください。
  • ↑ PAGE TOP